壁のひび割れや塗膜の浮き・剥がれ、雪害や紫外線による色あせなどは早めの手当が必要です。
痛んだ塗膜をそのまま放置すると建物自体が痛んでしまいます。
そうなると塗替えだけではどうしようも無くなり、建物の修繕も必要になってきます。 そうなる前に早めのメンテナンスで大切なお家を長持ちさせましょう。

塗料の中でも、耐久性や耐熱性に優れた塗料がおすすめです。
少し前までは、10年に1度の塗替えも一つの目安でしたが、最近では高耐久性の塗料が出てきており
10年以上の耐久性を持っている塗料もでています、塗料により塗り替えの回数を減らすこともできます。
カラーも豊富にありますので、お好きな色をセレクトして大切なお家を生まれ変わらせましょう。

モルタル壁やタイル、サイディング壁もおまかせください。

塗装が施されることによって、建物に表情が初めて生まれます。
その塗装の色彩やデザインが環境や人に与える影響は計り知れないものがあります。
また塗装は、単に色彩を与えるだけではなく、建物の損傷・老朽化を防ぎ、
そこに集う人びとの健康にも深く係わってくる重要な一面を持っています。
札幌塗装工業は長年の技術と経験の蓄積はもちろんのこと、
新技法の研究にも取り組みながら、21世紀の都市づくりに励んでいます。

ビル・アパート・マンションの外壁塗装
リフォームをご予定のオーナー様へお得な情報です。

リフォーム・外壁塗装はジャパンウェーブインダストリーへお任せください。

資産価値の保護向上・入居率アップ・トラブルの回避・リフォームの必要性は様々。

ライフサイクルコスト(LCC)という考え方があります。

建物であれば企画設計→竣工→運営→解体処分までの全期間に要する費用を意味し、

アパート・マンションやビル経営に対する費用対効果を推し量るうえで重要な基礎となります。

ライフサイクルコスト(LCC)の低減を図るには全費用を総合的に検討することが必要といわれ、

そのためには光熱費や修繕費などのランニングコストを出来るだけ合理的に使うことが必要です。

 

また不動産価値の維持や入居率は建物の美観や立地に少なからず影響受けてしまうため、

内装や外装のリフォームは効果的に行うことが大切です。

 

ジャパンウェーブインダストリーは、お客様の立場に寄り添い

詳細な打ち合わせを重ねたうえで、大切な資産をしっかり守れるよう提案します。

長期的で安定した収益をあげるためには、物件の競争力を落とさないことが大切です。

​定期的にリフォーム

リフォームなし

リフォーム

リフォーム

リフォーム

リフォーム

資産価値

​年数が経過しても資産価値を維持。

経過年数

中間マージンカットで10%~40%の施工費が削減されます。

​アパート・マンション・ビルのオーナー様の多くは所有物件の維持管理を

管理会社へ委託されている事と思います。

入居から退去までの運営が一括管理されますので、オーナー様も煩わしさから解放されますし

不動産投資は運営や維持管理がとても大変ですので、管理会社の存在はとてもありがたいものです。

 

所有物件に不具合が生じた場合は通常管理会社に一任しますが、

外壁塗装などの大規模なリフォームを考えた場合は予算も大きく

10%のコストカットで金額に大きな差がでる場合があります。

しかしご契約の管理会社に施工能力が無ければ下請会社、孫請会社と

中間業者が増えるごとにマージンが発生し、施工費はどんどん割高になります。

 

よくある一括見積サイトなども運営会社に会員業者が

成約手数料等を支払うシステムですので当然割高になります。

 

もし管理会社との契約に縛りがなければ、一度比較してみてはいかがでしょうか。

管理会社・一括見積サイト・ご自身で選択した業者・等々、すべてに見積を依頼し

内容と金額を比較することによって適正価格が導き出され、効果的なリフォームを可能とします。

japan wave industory

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2018 by The Painting Company. created with japan wave industory